メニュー

イボの治療

イボの治療イボは主にウイルス感染が原因で発症します。皮膚の免疫が落ちている方がなりやすく、アトピー性皮膚炎、多汗症、その他に湿疹のある方は注意が必要です。

※凍結療法⁽(=液体窒素使用)は、ほぼすべての皮膚科専門医では、実施していますが、当院では実施しておりません。

イボを伴う疾患

以下が、イボができる皮膚疾患の一例です。

手足のイボ(尋常性疣贅)

足の裏のものは”たこ”や”うおのめ”と間違える方も多いのですが、パピローマウイルスによる感染症ですので、放っておくと拡がります。凍結療法(液体窒素でイボの下に水ぶくれを作る方法)や皮膚を一時的に腐食させる貼り薬(スピール膏)による治療を行います。

老人性イボ(老人性疣贅)

加齢に伴って発症する良性の腫瘍で、高齢者に多く見られます。色は、薄茶色から黒色まで様々で、顔や体、手など、手のひらや足の裏以外の全身のどこにでもできます。

みずいぼ(伝染性軟属腫)

軟属腫ウイルスによるウイルス感染症で、お子様に多くみられます。小さな結節をつくり、典型的なものは中央におへその様なくぼみが出来ます。自然に軽快することも多いのですが、増えてくる場合には、専用のピンセットで一つずつ摘除します。その際には、痛みをとるために、事前に麻酔のテープを貼ってから、処置をします。当院でも、治療できます。

アクロコルドン・スキンタッグ(首のイボ)

首や腋かに中高年期にできるイボは、主に線維腫と言われる皮膚の良性腫瘍です。放っておいても悪性変化はみられませんが、見た目や触った感触が気になる場合は治療の対象となります。

治療法は、小さなハサミによる切除や、液体窒素による凍結療法です。ただし、加齢による変化なので、無くなることはありません。当院では、出血をするなど、特殊な場合を除いて治療はしていません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME